祝日でも仕事

うちの職場は祝日は関係なく出勤です。

完全週休二日制。

週二日の休みのみ、ということだそうです。

今の職場に転職してから週休二日と完全週休二日の違いを知りました。


でも祝日の出勤は、意外と楽です。

出勤、帰宅どちらも電車が空いています。

勤務中は、回りが静かで、電話も滅多に鳴らず仕事がはかどります。

外回りの部署も、道路が空いていてスムーズに仕事が終わります。

だから退勤時間が早くなる。



「なんで祝日なのに休みじゃないの? アホなの? 休んでよぉ!!」

そういって祝日の前夜と当日朝に駄々をこねる貴女。

なだめすかして出勤。

帰る時間にメールをすると

「わーい!! 早い、うれしな」

とはしゃいでくれた貴女。

困った を こまた というのと同じく うれしいな は うれしな。

このちょっとした文面に胸がときめいた。

どれだけ一緒に居ても、どれだけ同じようなメールを貰っていても、

受け取るたびに、胸をときめかせていたのよ。



今日も黙々と仕事をしてる。

こんなブログ更新なんてやってるけどね。

仕事中に、辛くて悲しくてどうしようもやりきれなくなったら

文章を書いて少しでも吐き出すようにしている。

こんな精神状態で仕事を続けることもできず、

ババッと気持ちを吐き出して、何とかリセットするようにしてる。



多分、こうやって文字にすることが、

私の場合の悲しみを、辛さを自分の中に取り込む方法なんだろう。

他の人ならどうなんだろう。

誰かと話す、言葉として出す人もいるんだろう。

私は貴女のことを話す相手がいないから。

だからブログ相手に話してるってことなんだろうな。



仕事や趣味に没頭することで乗り越えようって人もいるだろう。

ひたすら一人で悲嘆して、悲しみと一体化する人もいるだろう。

現実に目をそらし、何とか生きる道を探す人も、

事実と向き合うというより睨み合って、睨み合うだけの生活を過ごす人も、

色んな人がいるんだろうけど、

今の所周りに同じ境遇の人が居ない、居ても知らないので

色んなブログを見て、参考にしたりしなかったりするしかない。


けど、結局は自分なりの向き合う方法を探すしかないんだろうね。

とりあえず私の場合は酒とブログと仕事で、

何とか一日一日を乗り切っている。



貴女が居てた時は、貴女と過ごす時間を中心に据えていた。

仕事はそのために金を稼ぐためと、ある程度割り切って。

だから、貴女が居なくなったことで

私の生活、人生の大部分がごっそりなくなった。

その穴に、とりあえず酒とブログ、あと仕事を放り込んでる。

こんなに大きな穴がそんなちっぽけな事々で埋まるわけないけどね。



海に石ころ投げ込んで埋立しようとしている感覚。

1人で六甲アイランドを作ろうと頑張っている最中。

完成の目途が全然たたない。