通った道

昨日の夜はいつものバーへ。

一人でしっかり自分に沈み込んで飲みたいなと思っていたら、知ってる方が居て隣へ通される。その後も、その方の知り合いなど来てわいわいと話す。少し気がまぎれる。お酒も入り、1日の緊張がとける。


終電を逃し、昼帰り。


バスに乗る。循環バス。いつもは3停留所くらいだけど、昼間は逆回りで遠い。けど、暑さに勝てず乗り込む。


乗って気付く。逆回りのバスが通る道は、貴女と最後に迎えたお正月に初詣でに行った神社がある。神社からの帰り、貴女と辿った道をバスは行く。

帰りに洋菓子を買った地元の洋菓子店、貴女が好きで何度も通った中華料理屋、貴女が自転車で私の前を走った狭い歩道。


心が痛む。


もう二度と、貴女の背中を追い掛けることはできない。貴女の背中に追いつくことはできない。貴女が遅れる私を振り返ることは、もうない。