ゴミの分別

朝8時頃起床。飯を食い、ゴミをまとめ、家を出る。
と、ちょうど家の扉の前を掃除婦の方が掃除中。


私がゴミを持っているのをジトっと睨みつけて
 今日はプラゴミの日でしたっけ? 
と聞いてくる。
 今日は燃えるゴミの日です 
と答える。するとコンビニ袋に少し透ける弁当の容器を持っていたほうきでつついて
 この容器はプラゴミで出してもらわないと困るんだけど。回収してくれないわよ
と上から横柄に言ってくる。
 いつも持っていってもらってますよ
と言うと
 私がいつも分別させられてるんじゃない!? 
と怒られた。
どうやら私の住む地域ではコンビニの弁当容器などは燃えるゴミで出せないそう。
東京では食べ物などで汚れたプラゴミは燃えるゴミで良かったので、勘違いしていた。
それにしても、私が間違っていたもののあんな言い方をしないでもいいのに。
あんなに冷徹な目で人を睨まなくてもいいのに。
仕事だから言わなきゃいけない事も分かるんだけれども。
とても釈然としない形で一日が始まってしまった。


これが貴女でなくて良かったと思う。
貴女が言われるということは絶対にないのだけれど。



***


神保町へ出掛ける。
昨日は渋谷の古本まつりに出掛けた。


二日で数万も散財してしまった。
けど、いいやんね。少し前誕生日やったし。
欲望以外でこの世の中と繋げれてないし。
困った話やけど。