6回目

朝5時起床。

◯◯ちゃんの好きな尾崎豊をかけながら、最期の場所に向かって手を合わせる。こんな時に、信じている宗教があればその祈りの言葉を唱えればより儀式化され、心の整理もつきやすいかもしれないけれど。あいにくと無宗教なので、心の中で ごめんな と 大好きやで を繰り返す。

祈りの言葉と違い区切りがないので、とりあえず一曲終わったタイミングで終える。祈りの言葉があれば、習慣としてすっと境地へと入り込んでいけるのだろうか。毎月重い目と、寝ぼけた頭で朦朧と冥福を祈る。



本日は6回目の月命日。



もう6か月。でもまだまだ6か月。

こんな苦しみの状態で年単位の月日を過ごせるだろうか。


昨夜は久しぶりに寝つきが悪かった。

睡眠欲だけは初めから衰えることがなかった。

食欲は数日だけなくて、すぐ戻った。

欲だけで生きているような人間だから、息をするように欲に生きる。貴女が居なくなっても愚かなほどに息をしていたのと同様、何ら意識することもなく欲に翻弄されていた。


けど、昨日は寝つきが悪かった。

なかなか寝られず、目をつむっていると急にフラッシュバックがあり震えて目を開ける。また夢とも妄想ともつかないような映像が頭を流れ、その映像の終わりと共に目が覚めるということが何度もあった。寝ているのか、ただぼーっと妄想しているだけなのか判別ができない。


ここ6か月はずっと豆電球で寝ていたが、元々は真っ暗にして寝ていたので、久しぶりに電気を消すと数秒も経たないうちに恐怖で電気を点けてしまった。何に対する恐怖かわからないけれど、暗闇が怖いみたい。



とりあえず、今日から仕事。

自分から話かかけたりといつもとは少し違う自分を出してみる。変わろうとしているわけじゃない。単にそんなテンションだっただけ。



毎月の繰り返し。

16日を過ぎてしまえば少しのほほんとなる。

毎月1日になり、16日が近付いてくると気分は落ち込み、泣きやすく、悲しみに暮れやすくなる。

つかれた。