どれだけ望んでも、どれほど愛おしくても、どんなにその姿を鮮やかに想ひ浮かべようとも、もう貴女には会うことは出来ない。


過去の記憶ではなく、今ある事柄に反応する貴女を頭に描く。そこで貴女は私にとって、過去でなく現在の人として活き活きとして動き、話し、笑顔を見せてくれる。

だけれど、そんな想像が何になろう。どう想ってみても貴女が居ることにはできやしない。


それでも、貴女を想わずにはいられない。


そして数瞬後に貴女の不在の重さを再度知る。