大切なカバン

ボロボロになってきた鞄。貴女からもらったカバン。


2年前のの誕生日だったか。大切に使ってきたバッグ。合皮の部分が剥がれ出してきた。持ち手も表面もだいぶガタがきている。30超えた男が持つには少し見すぼらしくさえ見られるような気がするくらい。大切に使ってても、物は傷んでいくんやね。

めちゃめちゃ大事に使ってたの、知ってたかい? 一度も外で地面に置いたことないんよ。どれだけ重くても。唯一、ディズニーリゾートの座ってパレード見る時は置いてたけど。それは貴女が大好きな場所で、綺麗に掃除してくれてるって信頼感から。

映画や劇を見る時も足元に置かず、膝の上に置いていた。混んでる電車とかで引っ掛けられたりぶつけられたりしたら、とても腹が立った。


大事な、大切な、貴女にもらったバッグ。煙草をまた始めた今でも、貴女が嫌いな煙草だからバッグの中には絶対に入れない。

翌年にもらった長財布も、このバッグの中には入ってる。これも大切な物。そのほか色んな大切な物がバッグの中に入ってる。


でも、そのカバンがどんどん傷んできてる。

カバン修理のお店で聞いたら、合皮が剥がれたらもうどうしようもないと言われた。

悲しいね。


今日は、そのバッグに貴女の写真と遺骨を入れて出掛けるよ。貴女と 観たいね ってずっと言ってた劇団四季の「ジーザスクライストスーパースター」全国を今回ってるよ。

場所は2人で四季の「コーラスライン」を観た場所。少し待っててくれたら、一緒に観にいけたんよ。


そこの場所に行く少し手前、警察署がある。

貴女と対面した警察署。病院で引き離されて、再び会った警察署。少し怖い。その前を通るのが、怖いよ。

けど、今日は2人で行くんやもんね。平気でいられたらいいな。


いつかは新しいカバンを買うのかな。

いつできるのかな。ボロボロになりきってしまう前に、大切に仕舞っておかなくちゃね。